レースリスト(メニュー)

画面イメージと構成

DarkHorseJV Version1 3 0 2015 05 06 13 38 45

メニュー

  • メニュー
  • 血統系統リスト、レース検索結果のCSV形変換、鳥瞰図(レースリストの直近12レース分)、データベースからなります。ここでは、データベース下を補足します。

     データベース全般

    Windows 8 x64 2015 06 04 06 02 51 jpg 2015 06 04 06 07 43

    • メニュー▶︎データベース▶︎ユーザーデータのバックアップ
    • 各種画面よりユーザーが入力したメモ、出馬表で打った印を一括してテキストへ出力します。30世代分バックアップが可能で、これを越えたら古い世代から消していきます。

    • メニュー▶︎データベース▶︎テキスト格納先を開く
    • 上記、バックアップファイルを格納するフォルダーをエクスフローラで開きます。フォルダーを開くとバックアップファイルが出現しますが、ファイル名にはレース名、馬名等を含めるようにしたので、どんなレース、馬にメモを打ったが集中的に確認できます。メモ帳などで閲覧もできますが、その状態でメモ帳で書き込んでもデータベースには反映されません。メモの書き込みはあくまで「DarkHorseJV」上から行って下さい。

      ピクチャ 2015 06 04 06 52 17

    • メニュー▶︎データベース▶︎データベース上のユーザーデータを初期化
    • ユーザーが入力したあらゆるメモ、出馬表の印をデータベース上からクリアします。つまり作者がサイトで提供した状態に戻ります。必ずバックアップ後に行うようにして下さい。一回データをチャラにしサラの状態から始めたい(「DarkHorseJV」の使い始めの頃)またはリストア実行前に実行して下さい。

  • メニュー▶︎データベース▶︎バックアップ▶︎データベースのリストア
  • バックアップは、ユーザーメモ、出馬表の印がバックアップ対象となりますが、これらをデータベースへ復元(リストア)する機能です。バックアップを実行した時間がプルダウンに出ますので、いつの時点のバックアップを戻すかを選択するだけで、リストアが始まります。完全リストアをしたい場合は、既述のユーザーデータの初期化を実行することで可能になりますが、復元したいバックアップ日時以降に書き込んだメモがクリアされてしまうので、取り扱いには注意です。

  • メニュー▶︎データベース▶︎データベースコンパクト
  • データベースを最適化、サイズを縮小します。データベースはユーザーが見えないところで追加、変更、削除が繰り返され無駄なディスクエリアを少しづつ確保し続けます。長いこと放置しておくと、サイズが肥大化されパフォーマンスにも影響を与えるため、年に1回は実行して下さい。

    マスタメンテナンス

    • メニュー▶︎データベース▶︎競走馬マスタメンテナンス▶︎血統統計付与
    • JRA-VANデータから血統系統データが提供されていますが、これが変更された場合(系統の追加や変更、削除)、自動反映されない仕様で、作者による手作業と若干のアプリ改修が発生します。その場合、当機能を実行頂くことで競走馬マスタに血統系統が正しく反映されます。血統系統が変更されたら当Blogでお知らせします。なお、実行後は「DarkHorseJV」を再起動して下さい。

    • メニュー▶︎データベース▶︎繁殖馬マスタメンテナンス▶︎産駒芝データ勝利数
    • 全繁殖馬の産駒が、過去5年の勝数を芝、ダート別に算出し、繁殖馬マスタに反映します。当機能の実行タイミングはユーザーに委ねます。5年間(最大6年間)の累計ですから月1回程度で良いかと思いますが、厳密を期したい方は開催中競馬の最終レースの終了タイミングとなりましょう。当データは、去年〜直近レース限定で出馬表の血統情報に反映されて背景色を色分けします。産駒の芝勝利が多い繁殖馬は緑、ダート勝利が多い繁殖馬は橙色を使っています。※亀谷敬正氏が書かれているダートシェアのことです。なお、実行後は「DarkHorseJV」を再起動して下さい。

    Windows 8 x64 2015 05 06 14 42 31

  • オプション
  • 環境設定とJV-Link関連です。

  • ウインドウズ
  • 現在起動している出馬表、四季報の終了と起動中画面の全面化です。

  • その他
  • バージョン情報やマニュアルなど。

コマンド

  • 切り替え
  • 「切り替え」の右端の▼を押下するとレースリストの表示項目が切り替えられます。単複枠以外の払戻し情報、賞金、ラップタイムや出目など。「切り替え」そのものを押下するとデフォルトの表示項目に戻ります

  • 並べ替え
  • デフォルトは、年月日+競馬場+回次+日次+レース番号の順番にレースリストに表示されます。「並べ替え」の右端の▼を押下して、発送時間ごとに並べ替えたり、距離別に並べ替えたりできます。開発ライブラリの都合で、色や罫線などの装飾と文字を同時に並べ替えができないため、一発綺麗にドーンじゃなく二度表示する見た目となります。ご了承下さい。「並べ替え」そのものを押下すると並び順はデフォルトに戻ります

  • 上位馬リスト
  • レースリストに表示されてるレースを成績上位馬のみに絞って画面出力します。表示項目は出馬表と全て一致していますので検討にも最適です。起動パターンは1〜3着馬、連対馬、勝馬のみの3つあります。

  • 集計機能
  • 馬戦績を検索するための条件指定画面へ遷移します。

  • JV開催データ
  • JRA-VANデータ取り込み」を参照して下さい。

  • レース検索
  • 「条件指定」に従いデータベースを検索し、該当レースを取得、レースリストに表示します。

  • クリア
  • 「条件指定」の全条件を初期化します。

  • 中断
  • 誤って「レース検索」を実行した場合、レースリストへの表示を取りやめます。

  • 終了
  • 「DarkHorseJV」を終了します。

条件指定

注意を要するポイントのみ以下の説明をします。

  • コース
  • 通常カラですが、「競馬場」を一場のみ選択すると、この「コース」には当該競馬場全コース(距離+芝・ダート)が入ります。ぜひ試し下さい。

    Windows 8 x64 2015 05 06 15 41 33

  • レース名
  • カンマ(半角)区切りで複数レース指定できます。一応制限は設けてませんが三つぐらいまでが妥当でしょう。「レース名」右のプルダウンから「部分」を選べばファジーな入力が可能になります。以下の例を参照して下さい。「NHK,ヴィクトリア,天皇賞(春」と入力しました。

    Windows 8 x64 2015 05 06 15 56 34

  • メモ
  • 出馬表の「レースメモ」を部分検索します。画面サイズの都合上枠を小さくしているので、出馬表のレースメモへの記載を一工夫してキーワードを忍ばせておくなどするとこのメモ検索が活きてきます。色々工夫して下さい。

    なお、操作向上のため、以下のテクニックを覚えて下さい。開催年度、競馬場、回次、日次など、チェックBOX系の条件は、全ON/全OFFの操作が大変です。各タイトルラベルをWクリックすると、全ON/全OFFが反転しますのでお試しあれ。

    レースリスト

    主要3画面と鳥瞰図の概略」のレースリスト(メニュー画面)を参照して下さい。なお、過去データか、出馬データかといった区別は、以下のサンプルをご覧下さい。

    • 成績(過去)データ
    • ▶︎「開催日」の背景色が薄いブルー

    • 出馬データ(枠順確定)
    • ▶︎「開催日」の背景色が薄いベージュ

    • 出馬データ(枠順未確定)
    • ▶︎「開催日」の背景色が濃いベージュ

    • 特別登録馬名馬
    • ▶︎「開催日」の背景色が薄いピンク

    SnapCrab DarkHorseJV Version130 2015 5 9 7 27 8 No 00 png  Windows フォト ビューアー 2015 05 09 07 27 54

    Share on LinkedIn
    LINEで送る
    Pocket

    • トラックバック 停止中
    • コメント (0)
    1. コメントはまだありません。