簡単! iTunesからCDへ焼く

Womadelaide 10 Babylon Circus (France)

まだまだBluetooth対応プレイヤー少なし

Bluetooth対応のCDプレイヤーがどこでも完備していれば、iPhoneさえあれば、音楽は再生できます。しかし、Bluetooth対応プレイヤーなんぞ、まだ一般人が買う代物ではありません。マニラの妻の実家にもないので、訪比する際は、必ずお気に入りの音楽CDを持参します。現在、音楽はiTunesで一元管理してますので、大量に買い溜めしている激安CDメディアに、「使い捨て」感覚でiTunes管理の音楽を焼くことになります。iTunesからCDへどう焼くか!ご紹介しますので、ご存じない方はぜひマスターしてください(^O^☆♪


プレイリストからでないと焼けません

iTunesを起動し、焼きたい音楽を決めたら、CDメディアをセットし、プレイリストを新規に作ります。以下の通りです。「ファイル」⇒「新規」⇒「プレイリスト」

130824 0009

すると、以下のようにテキスト入力エリアが現れますので、任意の名前を入力します。アルバム名でもアーティスト名でも結構です。ここでは「O-Zone」とアーティスト名を入力しました。

130824 0004

次に焼きたい曲を、以下の部分にドラックします。アルバム全体でも、任意の好きな曲を選んでドラックしてもOKです。ここでは、アルバム全体をドラックしました。

130824 0005

以下、アルバムを構成する全曲が入ったことを確認したら、メニューから「プレイリスト」を選択します。

130824 0006

プレイリストの全リストが表示されました。ここで、さきほど作成したプレイリスト「O-Zone」を選択し、右クリックで「プレイリストからディスクを作成」を選択します。

130824 0007

これで、CDに「O-Zone」プレイリストへ格納した全曲が焼かれます。簡単なので、ぜひお試しください。

取り扱いに注意!

自分で買ったお気に入りの音楽をCDに焼く行為、購入した本人とその家族が楽しむ範囲であれば「私的使用のための複製」に該当しますので、違法ではありませんが、焼いたCDを他人に販売したり、譲ったりするのは違法になります。ご注意下さい。

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。