タグ : 映画

2013年劇場鑑賞映画は11本

Sleepy

入場券は捨てない主義

映画館以外の入場券は案外捨てちゃいます。映画は捨てないですね。捨てがたい。封筒に入れて保管してますが、あることがきっかけでスクラップにしようかと。あることとは、モレスキンにカレンダーシールを貼ったお話をしましたが、9月のシール、1ページ飛ばして貼付けちゃっていました。ぽっかり開いてしまったページ。。。何か埋めようと、入場券にご出馬頂いた次第です。

続きを読む

清須会議、三谷ワールドを堪能!


「四宿老」?

「宿老」なる役職、初めて耳にしたので少し調べました。織田信長「四天王」とは柴田勝家・丹羽長秀・滝川一益・明智光秀の4人。秀吉はここには入っていません。本能寺の変で光秀が脱落し「四天王」消滅。秀吉が光秀を討ち取ったことで「宿老」に昇格したようです。「清須会議」で登場した「四宿老」柴田勝家・丹羽長秀・羽柴秀吉・池田恒興。この「四宿老」のやり取りが実に面白かった。必見です。役所さん、あんた、ええなぁ〜(笑)

続きを読む

「少年H」を観た

Jumping around

キャンディーズ蘭ちゃんに会える^^

「少年H」を観ようと思った理由は

  • 水谷豊、伊藤蘭とも確かな俳優で安心して観てられる
  • 終戦記念日が近づいていて、戦没者の方への追悼
  • ベストセラーと戦争が結びつかず、その答えがあるのかも

さしたる期待もせず、されど感動が貰えれば儲けものといったところですが、久々に蘭ちゃんのご尊顔が拝謁できる、というのが一番でしょうか。

続きを読む

★5つ『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』

Awesome at 62!

前金を払った7人に選択の余地はなかった

—–老後をインドで優雅に過ごそうとイギリスからやってきた7人の男女の第二の人生模様を描いた群像コメディ、ラブストーリ。待ち受けていたのは、近い将来豪華になる”予定”の廃墟寸前のホテルと強烈な異文化の洗礼であった。前金を払った7人に選択の余地はなかった—–これだけで惹きこまれてしまいそうですが、心に強く残った数少ない映画となりました。『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』(2012/2/24公開)

続きを読む

「ローン・レンジャー」最悪のヒーローコンビ誕生!

Lone Ranger Banner

堪能しました。星5つ!

「パイレーツ・オブ・カリビアン」3部作の製作、監督、主演ときたら、つまらんワケがないと。ストーリー、時代背景(最初の横断鉄道が開通した、西部開拓時代)、スリル、アクション文句なし。空前のアクション・アドベンチャーといって良いかと思います。正義のため故郷に戻ってきたヒーロー(アーミー・ハマー)と復讐に燃える悪霊ハンター(ジョニー・デップ)の全く咬み合わないコンビが絶妙に描かれています。

続きを読む

宮崎駿監督「風立ちぬ」を観て

宮崎駿作品系列-千與千尋的神隱[(189381)04-45-50]

玄人受けを狙ったのかな

何を訴えたかったのか、smartboy如き凡才にはわかりませんでした。ラブストーリーとしてはありふれているし、男の仕事にかける一念、尊さを訴えたかったのなら、ちょっとファジーな描き方かと。溢れる才能があってゼロ戦を完成させたという概要がわかったくらい。いつも楽しみにしているファンタジー性もほとんど感じられませんでした。

続きを読む

109シネマズでポイント会員に

109 cinemas - mm yokohama

趣味は映画鑑賞

映画が好きです。唯一といっていい趣味で、月1は確実、年間20本視聴は固いところです。横浜在住のため、利用する映画館の90%以上はMM横浜ムービルのどちらかです。ずっと気になっていた、作ろう作らねばと思っていた109シネマズのポイントカード、これ、やっと昨日作りました。念願が一つ叶いました(ちょっとオーバーですが)

続きを読む