(4).IPAT投票の概略

はじめに

数ある競馬アプリの中でもIPAT関連アプリは少ないです。IEの自動運転だけでも厳しいのに、JRAのIPATサーバー仕様は公開されておらず、アプリ開発者泣かせです。投票だけは、IPATサイトから手動で行う競馬ファンも多いでしょう。しかし「ダークホース」を立ち上げてる状態で「Target」やIEでIPATサイトを開いているとデスクトップが騒々しくリアル競馬の集中力に影響します。以上の理由から、IPAT投票支援機能を自作をしようと覚悟を決めたところ、IPAT投票APIが公開されてるのを知り使わせて頂くことにしました。「ダークホース」は買い目データの作り込みに集中すれば良いことになったわけです。

IPAT口座の開設

PC、スマホからIPAT投票を行うため、まず専用口座を作る必要があります。「ダークホース」はこの専用口座の手続きを既にユーザーのみなさんが済まされていることを前提としています。ココを参照して手続きをして下さい。

「ダークホース」にIPAT口座の情報を設定

次にメインメニューの「IPAT(A)」→「IPAT口座設定(P)」と進みます。
Windows 8 x64 2015 08 22 10 13 59

口座は2つまで設定でき、残高などに応じて使い分けられます。IPAT口座を開設すると、JRAから必要な情報(INET-ID、加入者番号、P-ARS番号、パスワード)は貰えますのでそれを入力して下さい。お使いになる方の口座をチェックONして「登録・変更」ボタンクリックすると情報が保存されます。

Windows 8 x64 2015 08 22 10 33 03

これで、準備完了です。「ダークホース」から馬券を購入できるようになります。

IPAT口座に入金

馬券を購入するには、開催週ごとに馬券購入のための資金をIPAT口座に確保する必要があります。メインメニューの「IPAT(A)」→「入出金メニュー画面(I)」で行います。購入レースが的中か否かでこの金額は増減していきますが、ゼロになったら馬券を購入できません。もう一度同じ操作をして追加入金をするか、馬券購入を諦めるかの選択になります。

IPAT投票

出馬表の「投票」ボタンをクリックすると以下のような「投票画面」が起動されます(買い目作成の操作に関しては、各論の「投票画面」を参照)。買い目を作成したら投票しますが、「全自動投票」「半自動投票」のいずれかを選択クリックします。

Windows 8 Re 2016 06 15 07 11 29

  • 全自動投票
  • 注意喚起のメッセージが表示されます(重要な諸注意が書かれてますので、最低一度は熟読して下さい)。「投票」ボタンクリックで一気にIPAT投票を完了します。ここで投票した買い目は馬券収支計算の対象となります。

  • 半自動投票
  • 「全自動投票」同様、注意喚起のメッセージが表示されますが、IPATサイトへ遷移し買い目が自動セットされるところまで行われます。その後、馬券を投票する否かはユーザーが手動で行うことになります。馬券投票有無は「ダークホース」では明確に判断できないため、馬券収支計算の対象外となります。

馬券収支照会

メインメニューの「収支照会」をクリックすると、「馬券収支照会」が表示されます。馬券収支は一目瞭然です。収支を意識しながら馬券を購入していきましょう。

馬券収支照会 2015 08 22 11 14 37

グルーピング項目を選択することで、レース単位、もしくは開催日単位に買い目をまとめたり、券種別に収支計算が照会でき、そこそこの買目分析が可能です。

半自動投票でも収支対象に

買い目を収支計算の対象とするには、既述の通り「全自動投票」ボタンでIPAT投票する必要がありますが、「半自動投票」でも収支計算対象にできます。「半自動投票」にて馬券購入後、投票画面のメニュー収支メンテ(S)」→「新規登録・置換(N)」をクリックすれば収支照会の対象になり、買い目の画面イメージ通りに購入したことになります。

Windows 8 x64 2015 08 22 11 40 32

なお、「収支メンテ(S)」→「追加登録(A)」は、既に買い目が登録されているレースに、これから追加購入する買い目を追加する場合に使用します。「収支メンテ(S)」→「削除(D)」は、当該レースの買い目が全て削除されます。

これら「半自動投票」だけに適用されるのではなく、場内やWinsで馬券を購入した場合も、後で買い目を同様の方法で登録すれば、収支照会の対象となります。

Share on LinkedIn
LINEで送る
Pocket

  • トラックバック 停止中
  • コメント (0)
  1. コメントはまだありません。